軽減税率について

スポンサーリンク
未分類
この記事は約2分で読めます。

2019年10月1日から、消費税が10%に増税されますが、酒以外の飲食料品は軽減税率制度によって8%のままになります。

消費税率が8%のままなのが軽減税率8%。

消費税率が10%になるのが標準税率10%と言うようです。

そして

軽減税率8%の飲食料品などを軽減税率対象品目。

標準税率10%の酒類・外食・その他を標準税率対象品目と言います。

スポンサーリンク

飲食料品でも消費税10%になるもの

まず酒類(ビールやワインなど含む)は消費税10%になります。

さらに調味料のみりん料理酒アルコールが1%以上含まれるので10%になるようです。

ちなみに「本みりん」は13~14%程度のアルコールを含み消費税が10%になるのに対して、「みりん風調味料」はアルコール度数が1%未満なので消費税が8%のままなそうです。(ややこしいですね)(アルコール度数1%というのは酒税とリンクしてるのかなと思いました)

外食は店で食べると10%、お持ち帰りや宅配は8%

ハンバーガーショップや牛丼チェーンなどの店で食べれたり、持って帰ったりできるものは、店で食べるか、持って帰るかで税率が違うようです。

持って帰る料理にアルコール類の飲み物があったら税率はどうなるか

その場合、料理に対しては8%、アルコールは10%になるようです

まとめ

消費税増税前にビールやワインなどのアルコール類・酒を飲む人は増税前に買いだめしたほうがよさそうだ。ただ、たくさん酒を買ってしまうと飲み過ぎてしまう危険性もあるため、あえて買いだめはしないのもありかもしれない。

次回は増税後のポイント還元について説明していきたいと思います。

 

 

未分類
スポンサーリンク
独尊丸をフォローする
YouTube神動画を紹介!独尊丸ブログ

コメント