原油CFD 底で買って爆益!…と思ったら価格調整額で爆損ww5日前に-6759円の価格調整額払って、また-7587円払うってどういうこと!w【2020年4月22日CFDトレード日記】

スポンサーリンク
トレード日記
この記事は約2分で読めます。

チャートで赤丸をつけた付近で買いを入れていました。

上がって儲かったーと思いきや…

スマホアプリで建玉を見るとこう…

平均レートより現在値が高いのに評価損益がマイナスです

パソコンで建玉を詳しく見るとこちら(画像クリックで拡大したのを見られます)
ロスカットレートも1から8.8にちゃっかり(自動的に)上げられちゃってます。

価格調整額が脅威の1枚あたり-7567円
4月16日に発生した金額よりも多いです><

これがどれだけ異常事態かというと

普段は-33円とか-97円とか多くても-420円とかですが
最近は-6759円とか-7587円とか買って持ってたら自動的に追加されます。

スポンサーリンク

GMOクリック証券に電話して聞いてみた

4月16日に価格調整額を払って、6月限に切り替わったと思うんですが、今日また価格調整額が取られたのはどういうことですか?

 

原油先物価格がマイナスになったこともあり、値動きが激しすぎるので、限月が前倒しになりました。これからどう動くかは全く読めません

とのことでした。用するに原油CFDに今手を出すのは危険ということですね。

さらに限月は前倒しで行われることがわかりました

今回の原油CFD底買いしてわかったこと

・原油CFDは底で買えても、限月が前倒しでロールオーバー(乗り換え)され、レートが上がっても、買いポジの損益はマイナスになる。

これからの原油の戦略

底で買えて上がっても負けることがわかりました。

なので上がったら売りの戦略で行こうと思います。

これだけ買いが絶望的だということは、逆に売りはかなり優位性が高いんじゃないでしょうか

よければみなさんのコメント等頂けたら幸いです

読んでくださりありがとうございました。

業界最狭水準スプレッド取引手数料0円!全額信託保全で安心安全

コメント