原油CFDを底で狩られてしまいましたw1枚で-36,021 円の損失 敗因と評価

スポンサーリンク
トレード日記
この記事は約2分で読めます。

3月から原油cfdを1枚だけ含み損で持ち続けていましたが、ついに切られてしまいました。

ロスカットレートをできるだけ下げていたのですが、価格調整額のマイナスのせい?で
資金をいれていてもロスカットレートを下げることができませんでした。

でも今まで10ドル以下にはなっていないから、10ドルは割れないだろうと思っていたら
普通に割れて、加速しましたw


多分先月の価格調整額のマイナスを持ち越したまま保有してた人はみんなやられたんじゃないでしょうか。

多くの人が損切した所が底になるのはFXなどでもあるあるですよね。

業界最狭水準スプレッド取引手数料0円!全額信託保全で安心安全

スポンサーリンク

敗因(思い当たるもの)

・単純に原油が安くてお買い得だと思い買ってしまった。
(多くの人が原油は買いだと言っていて、それに乗ってしまう形となってしまった)
→投資で多くの人が買いだと言っている時はむしろ売り時なことが多い
→靴磨きの少年の話

・価格調整額・ロールオーバー・コンタンゴ・バックワーデーション・保管コスト(コスト・オブ・キャリー)などをあまり考えずにただ安い理由でポジってしまった

評価(良かった点)

・1枚だけで済んだこと(損失を最小に抑えられた)
→合計で3枚くらいポジってたが、2枚は利確をしていた

・最初に決めた限界まで握る目的を達成できたこと
→途中で損切した方が損失は減らせたが、それは結果論。
ここまで握って負けたなら後悔はない

・損することで価格調整額・ロールオーバー・コンタンゴ・バックワーデーション・保管コスト(コスト・オブ・キャリー)などを調べ、大体わかるようになったこと。

コメント