これから米株をひっぱってきたGAFAが崩れる!?特にGogleとFacebookが大きく景気後退・S&P500指数がさらに下がりそうな理由

スポンサーリンク
おすすめYoutube動画
この記事は約1分で読めます。

・GAFAのうち、GogleとFacebookはデジタル広告に依存度が高く、今後、広告ビジネスは広告を出すレストランや旅行代理店など、お店がそもそも出せなく、広告を出しても意味がないし、経営も厳しくなっていくので、広告費は当然カットしていくことになる。

・さらにGogleやFacebookは前回のリーマンショック時には、アメリカ全体のデジタル広告を占める割合が12%だったものが、今は56%と非常に多くなっているようです。
なので、過去にないような景気後退が起きる可能性が高いようです。

・Amazonは、広告モデルじゃないが、アメリカ人が消費をあまりしなくなり、悪影響が消費にも影響しそう

・GAFAはS&P500指数の13.7%を占めているので、GAFAの株価があがらなければ、インデックス指数もあがりづらい

・新型肺炎の問題は健康の危機だったが、ロックダウンによって経済の危機に変わった

・ロックダウンが伸びるごとに経済へのダメージは拡大する

・あとこの動画では言っていないですが、Appleは生産工場を停止していますよね

スポンサーリンク

GAFAとは?

米国のグーグル、アマゾン、フェイスブック、アップルの4社のことで
いずれも、ITを使った各種サービスの共通基盤になるインフラを提供する巨大事業者

コメント